院長より近況報告

皆様 大変ご無沙汰しております。院長の市川卓郎です。
皆様方におかれましては、私の病気療養中に際し多大なご迷惑をおかけしています事を深くお詫び申し上げます。

私の近況について、改めてご報告させていただきます。

昨年7月に体の不調があった為、検査を行ったところ膀胱がんが見つかりました。

8月に佐久医療センターにて手術を受けました。
この後、復帰する予定でいましたが、9月~11月まで抗がん剤治療を行い、
12月7日長野市民病院にて2回目の手術を受けました。
(新膀胱造設という現代医療の最高水準の手術です!)

13時間にも及ぶ手術は成功しましたが、手術後にいろいろな合併症が起き、
その間食欲もなく体重が15キロも減少してしまい、歩くのも大変な状態で入院が長期化してしまいました。

1月15日に退院しましたが、まだ診療にあたれるほど体力が回復できていない現状です。
しかし、日々確実に前進はしており、私自身も1日も早い復帰を目指してリハビリに専念しております。
3月中には少しずつ復帰しようと考えています。
皆様には今しばらくご迷惑をおかけすることになりますが幸い信頼できる先生方に代診をお任せしております。
お困りの事がございましたらどんな些細な事でもスタッフにご相談ください。

コメントは受け付けていません。